【自由設計の家を建てる】良い点や注意点とは・実例も紹介

外観

みなさんは、自由設計の家を建てたいと考えたことはありませんか。

住宅を考えた際に、自分のこだわりを取り入れて自由な間取りにしたいと考える方は多いのではないでしょうか。

しかし、自由設計の家は間取りのほかにどんな魅力があるのか、建てる際はどんな点に注意すればよいのか、実際に自由設計の家はどのようなものがあるのかなど疑問やお悩みがあると思います。

この記事では、自由設計の家に良い点や注意点、自由設計の家の実例などをお伝えしています。

自由設計の家を考えている方、興味がある方などはぜひ参考にしてみてください。

 

目次

 

自由設計の家の良い点

では、自由設計の家にはどんな良い点があるのでしょうか。自由設計の家の良い点について、お伝えしていきます。

 

間取りを自由に決められる

自由設計の家は、ある程度決められた間取りのある建売住宅などとは異なり家族のこだわりや希望をできるだけ考慮して叶えられる間取りといえます。

自分たちの好きな間取りを自由に決められるというには自由設計の家の魅力であり良い点です。

 

ライフスタイルに合わせられる

子供がいる、二世帯である、ペットがいるなど家を建てる家族にもさまざまな家族構成、ライフスタイルがあります。それぞれの家族に合わせた設計や生活動線を意識することが可能である点も自由設計の家の良い点のひとつです。

 

注文住宅よりもコストがかからない

建築会社や業者にもよりますが、一般的に注文住宅よりも自由設計の家はコストがかからないという良い点もあります。予め、家の予算が決まっていたり、コストを抑えたいとお考えの方は自由設計の家を選択肢の中に入れてみると良いでしょう。

 

土地の形に合わせて建てられる

予め決められた間取りのある規格住宅などでは、変形地や狭小地のような土地には家を建てることができませんが自由設計の家は変形した土地や狭い土地でも形に合わせて家を建てることが可能です。そのため、オリジナリティのある家や土地や空間を無駄なく活用することができます。

 

自由設計の家の注意点

つぎに、自由設計の家の注意点についてお伝えしていきます。

 

オプションによってコストが高くなる

自由設計の家は、間取りが自由に決められるという良い点がありますが家族のこだわりが強いとオプションや追加料金がかかり最初の予算よりもオーバーしてしまったということも多くみられます。

たとえば、書斎部屋や趣味部屋、パントリーやロフトなどあれもこれも作りたいと希望やこだわりが出てきてしまう可能性もあるため当初の予算にどのくらいプラスしても大丈夫か予め確認し想定しておくことも重要でしょう。

 

メーカー・業者によって自由度が変わる

家を建てるハウスメーカーや業者によって、自由設計の自由度が変わるということにも注意が必要です。

自分たちの希望する間取りや設計などをどこまで実現できるのかやどの程度まで変更可能なのかということをはじめにハウスメーカーや業者に相談、確認しておくと良いでしょう。

 

自由設計・家の実例

自由設計の家にはいったいどのような家があるのか気になる方もいるかもしれません。自由設計の家の実例をいくつかご紹介していきます。

 

薪ストーブと木の温もりあふれる家

リビング

こちらの家のリビングには冬に大活躍する「薪ストーブ」が設置されています。

おしゃれで省エネ効果もある薪ストーブは、木の温もりあふれる自然素材の家との相性抜群です。

木と薪ストーブの温もりと併せて、大きく取られた窓からは沢山の光が差し込みます。自然の素材や採光、さりげないおしゃれな照明の組み合わせが素敵な空間です。いつまでもくつろいでいたいと思える家を実現しています。

 

まるごとワンルームのような開放的なリビングの家

ワンルームのような広々とした空間のリビングには、高い吹き抜けが設けてありさらに開放的な空間を演出してくれています。

大人数でも集まれる場としても活用でき、ゆっくりと家族が過ごせる空間としてもぴったりです。

木の棚やテーブルを自然素材で統一して落ち着いたリビングの雰囲気を醸し出しています。

 

個人の時間を保てる・癒しの庭と和室がある家

和室

昔から日本人に親しみのある和室は、家に一室あると便利に使うことができます。和室からは庭を眺めることができ、和室と庭がある家にはゆったりとした時間が流れています。

落ち着いた時間を過ごしたい、休憩をしたい時、趣味を満喫したい時など、和室があればたいへん便利です。

和室から植物や花の咲く庭を眺めて、季節のうつろいをじっくり感じてみるのも素敵な時間でしょう。

 

勾配天井をおしゃれに活用した家

こちらの家は、勾配天井を上手に活かして木の温もりを保ちながらもシンプルでおしゃれな内装に仕上げています。

木の枠組みひとつひとつに味があり、オリジナリティがあることや二階から一階リビングの様子を見渡せるため、家族同士の距離が近くなりコミュニケーションの取りやすい家にもなっています。

 

ほかの建築実例を見るにはこちら▶

 

【自由設計・注文住宅】は「匠建」にお任せください!

自由設計の家づくり、自分たちのこだわりの注文住宅を建てたいとお考えの際には「夢ハウス」のビジネスパートナーである私たち「匠建」にお任せください。

弊社は、創業50年を迎える一般住宅の建築やアパートやマンションの新築工事に携わってきた会社です。
いままでの実績や経験を活かしながら現在は、自由設計の家や天然無垢材の家の提供をさせていただいております。

人にも環境に優しい天然無垢材を使用し、環境に優しい省エネ住宅の新築・リフォームを行っている「夢ハウス」では「良いものをより安く」をテーマに掲げております。

自由設計の家は、コストが高いとお考えの方も多いと思いますが夢ハウスでは、他社でプラス900万円もかかるオプションが標準装備されています。

その中には省エネ効果には欠かせない、床や壁、天井の断熱性・遮熱性に優れた素材も含まれます。

弊社の取り扱う断熱材は、南極の昭和基地でも使用された優れた断熱材であるビーズ工法ポリスチレンフォームを使用しており、寒い冬も室内はポカポカ熱を逃がしません。

遮熱シートは宇宙服にも使用されるアルミ遮熱シートを使用しています。そのため屋根裏や壁にシートを設けると夏の強い太陽光の赤外線を96%カットしてくれます。

そして、家を支える骨組みであるプレカット材も全て自社工場にてオリジナルで作っております。人の目で選木を行い、梁と梁をつなぐ部分・柱を差し込む部分の加工も行っており、最後は職人の手により機械では加工できない部分を仕上げていきます。

人気の高い天然無垢材は使用する前にしっかりとした「乾燥」を行うことで反りや割れを防ぐことにつながるためこの乾燥は重要な過程です。

天然無垢材には欠かせない重要な乾燥の作業も夢ハウスでは、自社工場にて行っておりしっかりと品質管理を徹底することで木材を無駄なく使用することが可能となり、コストの削減にもつながっております。

「匠建」では主な施工エリアは、千葉県流山市、柏市、松戸市、我孫子市、野田市となっており「流山おおたかの森」から片道30分程度で移動できる範囲を施工エリアとさせていただいております。

その理由は、お客様一人ひとりにしっかりと寄り添ったご満足いただけるサービスを提供していきたいという私たちの想いが込められております。

もし、施工エリア以外で建築を考えているお客様がいる場合には、対応可能な場合もございますので一度ご相談下さい。(お電話でのお問い合わせは下記記載の電話番号へお問い合わせください。)

メールでのお問い合わせはこちら▶

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA